Monday, April 20, 2015

2015-04-12 横浜 保土ヶ谷(北面) フィールドワーク

三崎巡りをした翌日に横浜の保土ヶ谷を巡ってきました。保土ヶ谷は3年前に訪れていますがこの一帯(というか横浜全体)は階段群が広すぎてとてもじゃないけど1日で巡れる範囲ではないのです。今回は前回と反対側で北西を中心に巡ってきました。

いきなり最初の階段でコレですよ!大興奮!ただし残念ながら工事中で立ち入り禁止でした。

同じ斜面にある別の階段。もうとにかく縦横無尽に階段が走っています。

ああこの階段もいいなあ…階段の数が多すぎるので超ざっくりと紹介します。興味があればぜひアルバムをご覧ください。

住宅街の裏手にひっそりとあったスリバチ。左側が崖になっています。

インカ文明のような雰囲気がありますw 右の階段は水が流れ落ちているのもまたそれっぽい。

桜はもう散りかけでした。桜の季節だったらもっと綺麗だったでしょうねー。

ただ桜が終わっていても他の草花が多かったのでそれを見るのも楽しかった。最近は、階段と花を撮るのが好きになりました。

これぞ横浜という圧倒的な密集感。

これから向かう先に階段が見えている。この瞬間が大好きです。歩いてきた階段を振り返る、見返り階段も大好きですけど。

本日の「ゼンリンさん@頑張りすぎ」階段。Google Mapsに日本の地図を提供しているのはゼンリンなんですが、たまにMapsを信頼して歩いているとこういう道にぶち当たります。この時期ならまだいいですけど、夏場になると蜘蛛の巣とやぶ蚊に襲われて大変なことになります。

初音ケ丘周辺。大きくスリバチになっていますね。目下のジェットコースター並みの階段はあまりに急であるため通行禁止になっています。

右のほうが今回歩いてきた斜面になります。毎度ながら、よくもまあこんなに歩いたなあと思います。

保土ヶ谷南面からみた北面。

この女優はこの近辺の出身である、ということを散策中に出会ったおじいさんに教えてもらいました。

3年前に歩いた斜面が見えてきました。断崖絶壁ぶりと、それでもへばりつくように建てられているマンション!

3年前に見つけて感激した、保土ヶ谷のスリバチ状階段群。

向かいの丘が城のように立ちはだかり、そこに階段が伸びています。圧倒的なスケール感で階段が迫り来る。

自分が初めて「廃段」という言葉を意識した階段です。ご健在でした。廃段だけど。

そして3年前保土ヶ谷を歩いた時のスタートの階段にたどり着いて、本日のゴールです。日本全国の階段を巡っているとなかなか同じ階段を歩くってのはできないんですが、今回はちょうど隣の地区を歩くようにしたので駅に戻る道で前回と同じ階段を通過することができました。再会っていいものですね。これから先、またこういう出会いがあるのかと思うと大変楽しみです。保土ヶ谷はまだまだ歩ききっていないのでまた何年かしたら行くでしょう。またその日まで!

https://plus.google.com/u/0/photos/117067248880908303542/albums/6137201207248524433