Sunday, January 4, 2015

2014-12-31 下関 フィールドワーク

2014年の大晦日は下関に向かいました。下関は一昨年の大晦日に門司を巡った後行きましたけどもう暗くなってて階段は見れなかったので。といってもまだ手術の痕が完治してなくて、2〜3時間しか歩けないので全部は見て回れないのは覚悟の上です。まあまた再来するときの下準備、といったところでしょうか。だからいつもは歩く地図を先に作ってくるんですが今回は久しぶりにぶっつけ本番。

階段ではないけど路地へと入っていく坂道。いい雰囲気が流れ出しています。

おおお、これはいい階段。写真だと伝えられないんだけどこの先が左に入り込むように続いていてかっこいい。

公園の横にある崖がレンガ造りで非常に年季が入っています。門司、横浜といった古くからある港町ではこのようにレンガ造りをよく見かける。

イチオシの階段。最近細長い階段より、こういうある程度幅がある階段が好きになってきました。(´・ω・`)知らんがな

形としては非常に綺麗なスリバチなんですが内側の住宅はすべて廃墟になっていた。下関の駅前や海沿いは再開発が進んでいて非常にモダンな印象なんですが、山側はちょっと取り残されてる感じですね。まあ階段の多い土地というのは現代ではだいたい不人気なのでありがちといえばありがちなんですが…

1時間ほど歩いたところで強い雨が降ってきて、天候が回復しそうになかったので早々に撤退しました。まあもともとそんなに長距離歩ける体力ではなかったのであまり悔しくはありません。しかしいい階段が多いことはわかったので、早くまた行きたい!

https://plus.google.com/u/0/photos/117067248880908303542/albums/6100031554287932561