Tuesday, June 17, 2014

2014-06-15 湯田中 フィールドワーク

土日で友人の車で長野県の角間温泉に行ってきました。角間温泉はあまり階段はない場所ですが徒歩で行ける渋温泉、湯田中に階段が多いようなので、温泉に入って翌朝からそっちで階段巡りです。

角間温泉にはほとんど路段がない。庚申塚前の階段がわりあいよかった。

角間温泉から角間川へと降りる階段。私道のようなので通ってはいません。

坂を下って横湯川へ。横湯川を渡ると渋温泉です。

角間温泉、湯田中周辺ではいたるところで温泉が湧いてました。湯量豊富な地域なのですね。

湯田中周辺は温泉街のわりに意外にのっぺりとした階段が多かった。その中でこの階段は温泉街らしい情緒のある階段です。

これが今回の白眉の階段。川沿いの低地から上の方へと抜ける、住宅街の階段ですが階段のカーブや花の咲いているところがとても素敵です。

上からみたところ。奥の対岸が角間温泉です。中央は渋温泉あたり。

渋温泉は川沿い~崖の中腹にありますが湯田中側は川沿いと崖上に二分されています。崖はかなり急峻です。

おまけ。こういう微妙に余ってしまって使い道に困る土地を「残余地」というそうです。

宿泊した角間温泉「角間荘」。自炊部がある宿でご飯は共有キッチンを使い自分たちで作ります。代わりに宿泊料は4320円と格安。それでいて温泉は源泉掛け流し、24時間入浴可能です。階段の数は少なかったけどいろいろ回って温泉も入れて楽しいフィールドワークでした。

全階段写真 2014-06-15 角間温泉 渋温泉 湯田中

ほぼ全階段位置マップ 2014-06-15 湯田中